FC2ブログ
将棋棋士列伝
あ、負けました(森内俊之)ウヒョー(加藤一二三)
2018/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013/12/08(日) 02:46 日本将棋棋士列伝イプシロン
将棋棋士列伝イプシロン2 「森内俊之竜王名人」を目指す棋士の心構え
棋界の頂点を目指す棋士の心構えを説いていきたい

①みっともなくてもいい、カッコ悪くてもいい、対局に負けた時は泣いてもいい。ただし、みんなの前ではなく1人で泣くか誰か一人の前でだけで泣け。

②棋士であるから棋士とVSや研究ができる。一人よりも誰かと研究、情報交換した方が勉強の精度が高い。自分よりもレベルの高い相手とやる。

③毎日少しでも良いから棋士として進歩、強くなるように心がける。

④タイトルを取ったらいろいろなものが手に入る。政治家の様に派閥で大臣になるのではなく、力があればタイトルは実力で手に入る地位だ。棋士である限り闘って勝てば名人にもなれるのに、一生指をくわえて見ている棋士のままでいいのか。

⑤将棋の技術書には全て目を通して覚える。

⑥強いだけでは人気が出ないので、自分の棋風を確立する。

⑦盤外戦術には負けない。

⑧対局相手に合わせるのではなく、自分の土俵で闘う。

⑨今の順位戦のクラスを突破することに全精力を尽くす。

⑩将棋の研究をゲーム感覚で楽しんでやる。対局を苦痛に思っている限り強くはなれない。1つの対局に必ず1つ以上のテーマを持って臨む事。

⑪感想戦でも負けない。

⑫誰でも指せる戦法よりも自分だけが指せる戦法を身に付ける。

⑬タイトル獲得前にまずは棋戦優勝を目指す。

⑭将棋会館は棋士として勉強できる最高の場所である。そこに行かない手はない。

⑮負けてもいいから、とにもかくにも一回タイトル挑戦者になれば強くなる。さらに周りの評価も上がってくる。

⑯棋士として今の収入に満足している限り強くはなれない。棋士は名誉の為に闘うのであって食べる為に闘うのではない。

⑰他の棋士と研究をしても、自分が対局でやろうとする構想は誰にも言わない。

⑱他の棋士の批判や不満を言っているうちは二流三流の棋士。

⑲タイトルを取りたいなら必至でやる。

⑳惰性で臨まずに気持ちを込めて闘う。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。