将棋棋士列伝クロニクル007 将棋依存症にならない為に

将棋のネット対局依存症なるものに苦しんでおられる将棋ファンがいるらしくネットでその類のブログを見たこともある。

そもそも楽しむはずの将棋をやりまくって苦しむというのは本末転倒、支離滅裂、心頭滅却(笑)だが、依存症になるのは怖い事だ。

依存症が一番失わせるものは時間だ。

昼夜問わず、暇があればやる、仕事中もやる、眠くても朝までやる、そして昼夜逆転の生活。

これは依存症の典型だが、止めたくても止められないというところが、依存症という病気なのだ。

喫煙者がタバコを簡単にやめられないように、将棋依存症も将棋からはなれられない。

しかしこの記事を見た依存症のあなたは、止めなくてはならない。

プロ棋士なら依存症というレベルを越えているので、ある意味強い依存症であるとも言えるが、プロの生業なので問題ない。

羽生も将棋を突き詰めると、そこは狂気の世界と言っていたが、まさしく強い依存症の症状とも言えるだろう。

しかし一般人はそこまで依存してはいけない。最後は廃人になるだろう。

人は誰しも、ハマれば頭の中にテトリスが降ってきたり、壁のタイルが詰め将棋に見えたりする。

しかしそれがつづくと、将棋以外の回りの世界が見えなくなる。

盤上没我は素晴らしい集中力だが、それを長く続けてしまうと一般人は廃人になる。

依存症はアリ地獄の無限地獄。目が覚めた時には何も残っていない。

自分の強さは井の中の蛙。負けるのが悔しいならやらないことだ。そして多少強くても、上には上がいる。無意味な自己主張を重ねるより、楽しんで1日3局くらい指すのが良い。


(おまけ)
将棋棋士の九段の価値を高めるために、昇段規定を厳しく改めたい。(私案)

九段へ

名人位連続3期か
竜王位連続3期か
名人位通算5期か
竜王位通算5期か
タイトル連続5期か
タイトル通算10期か
順位戦A級在籍連続10年か
順位戦A級在籍通算15年で九段へ

八段へ

名人位連続2期か
竜王位連続2期か
名人位通算3期か
竜王位通算3期か
タイトル連続3期か
タイトル通算5期か
順位戦A級連続8年か
順位戦A級通算12年で八段へ

七段へ

名人位通算1期か
竜王位通算1期か
タイトル通算3期か
順位戦A級在籍連続5年か
順位戦A級在籍通算10年で七段へ

六段へ

タイトル1期か
順位戦A級在籍1年か
順位戦B級1組在籍通算5年か
順位戦B級2組在籍通算10年で六段へ

五段へ

順位戦B級1組在籍1年か
順位戦B級2組在籍通算5年か
順位戦C級1組在籍通算10年で五段へ
関連記事
ページトップ